脂肪吸引をして憧れのボディにする│美容外科を選ぶコツ

切開をする脂肪吸引

後ろ姿の女性

切る脂肪吸引のメリット

脂肪吸引では脂肪を吸引する箇所をメスで切って開いた後に、そこに吸引管を入れてから脂肪を吸引します。メスで切開することに抵抗がある人も多いですが、この方法には様々なメリットがあるのです。この治療なら一度に大量の脂肪を吸引することができますし、細かい脂肪も残らずに取り除くことができるので一気に見た目を変えることができます。それに何回も美容外科に通わなくて済むので、時間がない人は切る脂肪吸引をおすすめします。切る脂肪吸引ではどうしても身体を切開する必要があるので、治療を行なう医師の技術で治療した後の仕上がりは変わってくるでしょう。治療した後が目立たないようにしたい人は、技術力の高い医師がいて最先端の治療機器を導入しているかをチェックすることが大事です。

脂肪吸引を行なう治療機器

切って行なう吸引では、患者さんに負担を与えないようにして、確実に痩せることができるような治療機器を多数用意しています。その1つに狙った箇所の脂肪を柔らかくする、ボディジェットという治療機器です。このボディジェットは、麻酔薬と止血剤の2つを混ぜた溶液を使用します。この溶液を脂肪に当てることで固い脂肪を柔らかくすることができますし、止血剤が混ざっているので出血することなく脂肪吸引をすることができるでしょう。必要最低限の力だけで脂肪を取り除くことができるということは、周りにある組織を傷つけることはないということです。このボディジェット以外にも様々な機器があります。

部分痩せに最適な機器

部分痩せを行なう時に最適な治療機器は2つあって、ベイザーとスマートリポレーザーというものです。ベイザーは超音波を使用する機器で、これを部分痩せする箇所に吸引管を入れてそこから超音波を使用します。超音波を脂肪に当てると固かった脂肪を柔らかくすることができるのです。この機器もボディジェットと同じように確実に脂肪を取り除くことができ、それだけではなく治療が終了した後の回復も早いので治療した後もすぐに消えるはずです。スマートリポレーザーは、レーザーを脂肪部分に当てて柔らかくすることができます。レーザーを当てるためにファイバーを使用しますが、このファイバーはとても細く1ミリ以下の細さですから、身体にかかる負担はほとんどないでしょう。