脂肪吸引をして憧れのボディにする│美容外科を選ぶコツ

いろいろな箇所の吸引

美容整形

背中の脂肪吸引

身体の中で脂肪がつきやすい場所はお腹や太ももというイメージがありますが、背中やふくらはぎ、膝周りにも脂肪はつきます。特に背中は脂肪がついていても、自分で確認することは難しい箇所なので、見逃してしまうことが多いです。それだけではなく、背中に脂肪がついてしまうと姿勢が悪くなってしまいます。背中についた脂肪は他の箇所よりも痩せにくいため、多くの人が美容外科で脂肪吸引を行なっています。脂肪吸引ならば一度に大量の脂肪を吸引したり、切開をしない治療ならば徐々に吸引したりすることが可能です。この2つはどちらかが優れているということはありませんので、自分に合った治療法で脂肪を除去しましょう。背中の吸引は他の箇所よりも吸引に時間がかかることがあります。その理由は、背中は他の箇所と比べて肉が薄いので慎重に治療を行なう必要があるのです。より繊細な治療をしないといけないため、どうしても時間がかかってしまうでしょう。

ふくらはぎの吸引

ふくらはぎにはあまり脂肪はつきませんが、この箇所につく脂肪はとても固いので脂肪吸引はとても難しいです。背中の吸引と同じように時間がかかってしまうかもしれません。それだけではなく、ふくらはぎの治療も難しいので、今までにふくらはぎの吸引をたくさん行なってきて、経験豊富な医師がいる美容外科で治療を受けるようにすれば安心です。また、ふくらはぎにある筋肉が脂肪よりも多い場合は、治療法が変わってくるので細かく検査をして、医師としっかり話し合ってから適切な治療を受けるようにしましょう。ふくらはぎは脂肪だけでなく、筋肉が多いことが原因で太く見えることもあります。ですから、脂肪吸引をしても見た目が変わらないこともあります。そのような場合は、他の方法で細く見えるようにしてみてください。ふくらはぎの脂肪を吸引する時は、膝の裏側を切開してそこに脂肪を吸引する管を入れます。そこから脂肪を除去するのです。管を入れるために切開をしますが、管はとても細いため小さい範囲だけ切開するので傷跡は残りませんし、膝の裏側はあまり見られることもないので問題ありません。切開だけでなく、特殊な機器を使用すれば切らなくても、脂肪を取り除くことができるので安心してください。

膝の吸引と大事なこと

膝周りに脂肪がつく原因は膝周辺に老廃物が溜まったり、膝の筋肉が衰えたりすることが原因です。生活習慣を改善していけばこれ以上膝に脂肪がつかないようにできます。ですが、一度ついた脂肪は簡単に取ることはできないので、一度美容外科で脂肪吸引をしてその後に生活習慣を見直していけば、膝周りをキレイにすることができるのです。膝周りの吸引も切開する方法と、特殊な機器を使用する方法どちらでも問題ありません。切開をする脂肪吸引では、患者さんに負担をかけないように麻酔を使用します。治療する時間も短く、1時間で終わる人もいれば30分で終わることもあるので、眠っている間に治療は終わるでしょう。脂肪吸引で大事なことは医師とコミュニケーションを取って、希望通りの脂肪吸引をしてくれるかどうかです。脂肪吸引で失敗したという人の多くが、思っていた結果と違うということです。全てを医師に任せるだけでなく、脂肪吸引についての知識を学び医師との間に、食い違うことがないように話し合いをすれば脂肪吸引は成功するはずです。